ローン審査

借りれるか不安ならカードローンに!ローン審査に通過しやすい理由

ローン審査が厳しいのはしょうがない?

自分が無駄遣いをしたせいでお金が無くなったのならともかく、自分以外の人間が原因でお金が必要になると、なんというかやりきれない気持ちになってしまいますよね。例えそれが親しい人が原因の場合でも同じ事で、むしろ親しい人間だからこそ失望してしまう事もあります。

若くして結婚した私にはもう成人している息子が居るのですが、情けない事に一人暮らしの身でありながらギャンブルにのめり込んでしまい、生活費が給料をもらってそうそう尽きたそうなのです。あまりの浅はかさに頭が痛くなりましたが、さらに少しだけ借金をしてしまったというのだから、さらに情けない気持ちになったものです。

なので私がお金を借りて用意して一度だけ助けようとしたのですが、私自身もそこまで稼ぎがある身ではありません。一人息子を育てるだけでも精一杯だったのに、そんな人間に喜んでお金を貸してくれる金融機関があるはずがありません。

従ってこちらの事情よりも採算重視の貸付側が簡単に貸してくれるはずも無く、ローン審査が厳しくなっても緩くなる事はなかなかありません。これでは子供を救うことも出来ない…とギリギリの状態で子供を作ってしまった自分を恥じてしまいそうになりました。

カードローンなら比較的審査に通りやすい

しかし、それは窓口などに向かって直接融資を受ける場合での事です。カードローンならば比較的審査が緩めとなっており、多くの人が融資を受けやすいのです。

カードローンというのはそもそも多くの一般市民の方に使いやすいように設計されており、それで審査が厳しすぎるというのは考えにくいですよね。多く使ってもらう事がローン会社にとってプラスですので、今はその方向性がありがたいです。

しかも一度でもローン審査に通過すれば、何度でも借りる事ができます。下手にローンを組んでお金を借りて返すよりも、都度の審査が不要なカードローンを持っておくほうが、長い目で見れば利便性で大きく差を付ける事になるでしょう。子供の為とはいえ、今後の私たちの生活にも役立つと思います。

そして審査に通過したおかげで息子も助けてあげる事ができました。きつく叱っておきましたが、さすがに今回の事でギャンブルには懲りたと言っており、あまり私に無駄にカードローンを使わせないでほしいものです。

私に使った事情が少し情けないですが、カードローン自体は便利ですので、迷っている方は先に一枚は作っておくくらいでも良さそうです。

金利の支払いが高い!と感じても車をローンで買った方がいい場合

車をローンで買うか、貯金するか・・・迷いますよね!自動車ローンって、どのくらい金利がかかるものなのでしょうか?

自動車ローンは高い?金利はこのくらい!

ローン初心者のあなたは、まずは金利のことを知っておきましょう。ローンを組むと、お金は後で払えばいいのに、商品が先に手に入ります。とても便利ですよね。その便利さゆえ、お金が商品代よりも余計にかかります。それが金利です。つまり、金利とは、「時間を買う」代金なのですね。

さて、自動車ローンの金利はどのくらいなのでしょうか。カードローンなどのフリーローンだと、年率で15%ほどが主流です。(最大で18%です。)

これに対して、自動車ローンの金利は、そこまで高くはありません。2%や3%ほどです。住宅ローンとだいたい同じくらいだと考えておきましょう。住宅ローンのように、高い商品を分割して買うということですから、金利もそこまで高くは設定されていないのです。1000万円もの車に10%の金利があれば、一年間に100万円!も余計に支払うことになってしまいますからね。(あくまで単純計算ですが)

車をローンで買わない!派の意見

そこまで高くはない金利とはいえ、ローンはローン。決して安いとは言えない値段の車を買うのに、数十万円も余計に支払うことになってしまうことには変わりません。

そこで、「車のローン反対派」が登場します。彼らの意見はこうです。あと5年でも貯金して車の購入を待てば、ローンのために数十万円余計に支払う必要もなくなり、その浮いたお金を好きに使うことができるのだから、そっちの方が得じゃないか!

確かに、計算ではその通りですね。ローンに払う金利がもったいない!というのは、誰もが一度は思うことかもしれません。

しかし、そのことだけを考えてローンを止めると、結果的に損することにもなりうるのです・・・。

車をローンで買った方がいい場合

車をローンで買った方がいいかどうかは、あなたの現在の状況で、どの程度車が必要かどうかにかかってきます。

たとえば、お子さんのお稽古事の送り迎えで車が必要。自転車でも行けない距離ではないけれど、夜道の危険性を考えれば、迎えに行きたい。だけど、今の貯金では、車の購入は難しい・・・。

そんな時、ローンを利用すれば、お子さんのために今すぐに車を使えます。もし車の購入を待って、幼いお子さんを一人にさせて、万が一、事件にでも巻き込まれたら・・・取り返しがつきません。

大げさな話なのかもしれませんが、人の命や安全をローンの金利で守ることができるのなら、「安いもの」と思えるでしょう。ローンは保険のようなもの、と言う人がありますが、そういう点で納得できます。

持ち家があっても生活保護は受けられる!じゃあ、住宅ローンは?

生活保護受給者の方は、ローンを組むことはできません!と、そこまではご存知の方も多いかもしれませんね。しかし、持ち家があっても生活保護が受けられる・・・と言うと?

生活保護の受給の条件

生活保護受給者がどんどん増えていっているという現状もあり、多くの人が生活保護のことを考えるようになっています。数年前には、芸能人関係の生活保護もニュースになりましたよね。

そもそも、生活保護ではどのような観点で受給が決められるのでしょうか。

「人間に必要な最低限度の生活」を保障するのが生活保護です。たとえば、着るもの、食べるもの、寝るところという衣食住を保障するのです。その中で、「ぜいたく品」は使ってはならないことになっています。

ぜいたく品というと、お酒やタバコやギャンブルなどが思い浮かぶでしょうか。一応、生活保護でもらったお金でギャンブルなどはしてはならないということになっています。でも、「一応」なのです。

つまり、生活保護受給者がギャンブルに行ったからといって、誰もそれを見抜ける人はいませんよね。見た目でわかるものでもありません。生活保護を受けている方がギャンブルに行っても特に罰則はないのです。

さらに、一昔前は、クーラーやテレビなどの家電はぜいたく品という扱いだったのですが、今は、生活保護受給者は携帯電話も持っていいということになっています。携帯電話は必要な最低限度のものに含まれる世の中だからなのでしょう。

持ち家があっても生活保護オッケー!

さて、持ち家のことを考えてみましょう。「最低限度の生活」が保障されるのが生活保護です。そうなんです。持ち家というのは、必ずしもぜいたく品ではないのです。

住む所は保障されていなければなりませんから、それが賃貸なのか持ち家なのかは問わないのです。ことによったら、賃貸よりも持ち家の方が安く済むということもあるかもしれませんしね。

しかし、持ち家といっても、すべての持ち家が生活保護で許されるわけではありません。

住宅ローンが残っていたら生活保護にはならない

もしその持ち家に住宅ローンが残っていた場合、生活保護対象にはなりません。住宅ローンだけではなく、すべてのローンは、生活保護受給者だと組めないことになっているのです。ローンは「ぜいたく品」なのですね。

もし住宅ローンが残っていた場合、その家は価値があるとみなされ、売るということになっています。ちなみに、もし住宅ローンが残っていなかったとしても、一人暮らしなのにとっても広い!ような持ち家だったとしたら、売らなければならないということもあるのです。

どうしても迷う場合の究極の決め方!ローンは変動金利か固定金利か?

その金利、変動にする?固定にする?誰でも悩む問題かもしれませんね。どうしても迷ってしまったら、みんなはどうやって決めているの~?!

ローンの変動・固定金利ってなに?

そもそも、「変動」とか「固定」とかいうのは、どういう意味なのでしょうか。

ローンを組む時には、必ず金利を支払う必要があります。一年間に○○%というふうに、あなたが借りたお金の数パーセント分をローン会社に支払うのです。

その金利は、基本的に会社が決めるものなのですが、あなたが選ぶこともできます。それが、「変動」か「固定」かなのです。

変動金利とは、あなたがローンを返済し終わるまで、金利が変わるというものです。半年ごとに金利が変わることがあります。しかし、毎月の返済額は一定期間変わりません。

対して、固定金利は、借りた時に決めた金利が、返済が終わるまでずっと変わらないというものです。

1年間や2年間のローンならいいかもしれませんが、住宅ローンなど、数十年かけて返済するローンは、変動を選ぶか固定を選ぶかで、だいぶあなたの運命が変わってくるのです。

2013年は「固定」の方が安全?

「アベノミクス」が話題になっていますよね。2013年の経済状況をかんがみると、今後は金利が上がる!と言われています。

今までが冷えきった経済状況だった日本も、そろそろ上向きになってくると予想されているのです。日本の経済が明るくなるのはうれしいことですが、住宅ローンのことを考えると、喜んでばかりもいられません。

金利が上がってしまえば、変動金利を選んだ場合は、見直しがされるので、どんどん金利が上昇して返済がたいへんになってしまう!と考えられているのです。

一方、固定金利を選んだ人は、今は固定金利がたいへんに低い次期ですから、たとえ金利が上昇したとしても得するということになるのですね。

そのような見方により、変動から固定金利に借り換えする人が増えてきているそうです。

どうしても迷った場合の究極の選択方法

とはいうものの、日本の未来がどうなるかということはカミサマにしかわかりません。固定も変動も様々タイプが選べて、何年モノにするか、というのも、一般の人々にはよくわからないというのが正直なところでしょう。

そんな時は、「直感で数字を決める」「銀行に行った日にちと同じ数字を選ぶ」なんて、まったくの“カン”で金利を選ぶ人もいるようですよ。なんだかウソみたいな話ですが、一般的にそんな方法が選ばれているのは面白いですよね。

借り入れを繰上げ返済するのが得か損かは“人生観”で決まる?!

「繰上げ返済どうしようかな・・・」と、迷っている方も多いのではないでしょうか。

繰上げ返済した方が得か損かは、残念ながら明確な答えばないようです。

繰上げ返済するってどういうこと?

繰上げ返済とは、ローンの期間よりも早めにお金を返済していくということです。つまり、繰上げ返済すればするほど、早くローンを返済し終わることができるので、その分余裕が出てくると考えられているのです。

30年の住宅ローンを組んだとして、お金の余裕のあるときに積極的に繰上げ返済していけば、30年ではなく20年で返済し終わるかもしれません。

また、早く返済すればするほど、もともとのお金が減っていきますから、金利分のお金もその分下がるのです。もともと200万円支払わなければいけなかったものを、100万円で済んだりもするのです。

これだけ聞くと、繰上げ返済した方が絶対得だ!と思いがちなのですが・・・。

繰上げ返済にもデメリットはある

いいことづくめに見える繰上げ返済。でも、デメリットは潜んでいます。たとえば、繰上げ返済は無料ではないということがひとつです。ローンを組んだ銀行や金融機関や、保険会社に、手数料を支払わなければいけません。手数料は数千円~1万円前後と考えておきましょう。

また、インターネット上の繰上げ返済では、手数料が無料になる銀行もあります。しかし、保険会社に支払う手数料は無料にはならないようです。

ふたつめは、無理して繰上げ返済してしまうと、いざというときにお金が必要になったときに、生活が困ってしまうということです。繰上げ返済だけに夢中になってしまうと、本来のローンの目的を失い、病気の時やお子さんの教育費に困ってしまうということにもなりかねません。

繰上げ返済した方がいいかはあなたしか決められない

このように、繰上げ返済にはメリットもあればデメリットもあります。ですから、繰上げ返済するかしないかは、あなたの“人生観”で決めるしかないのです。

将来のことよりも今を大事にして、若い世代のうちに旅行に行ったりぜいたくしたりすることを取るか、とにかく今は繰上げ返済に精を出し、老後にできるだけ楽して暮らすか。繰上げ返済に関わらず、貯金のこともそうですが、生きていくために必要なお金の使い道は、どんなに考えても迷うものですよね!

キャッシング通るかな・・・審査基準を知って心の準備!

キャッシングやカードローン。今すぐ使えたら便利だけど、審査があるとなると、ちょっとドキドキしてしまいますよね。審査基準を知って、心の準備をしておきましょう!

キャッシングの審査基準で最も大切なこと

キャッシングやカードローンなど、各種お金を借りることには、審査はつきものです。審査では一番に何を見られるのでしょうか。

最も大切なことは、あなたがお金を借りてしっかり返せるかどうかということです。返済してもらえなければ、ローン会社はあっという間に破産してしまいますよね。ですから、ローン会社にとって、あなたが返済する能力があるかないかが、最も重要な審査基準なのです。

お給料の低さ・高さはあまり関係ない?!

それでは、具体的にどういうところを見られるのでしょうか。ここで、多くの人が勘違いしていることは、「お給料が高くないとキャッシングの審査には通らない」ということです。

確かに、無職の人やフリーターの人は基本的に審査に通らないものです。ですが、無職やフリーターの人が審査に通らないのは、お給料の問題ではないのです。フリーターでも正社員よりもお給料が高いこともありますよね。それなのに、フリーターよりも正社員の方が審査では優遇されるのです。なぜなのでしょうか。

それは、フリーターよりも正社員の方が安定感があるからです。フリーターの場合、いつクビを切られるとも限らないというリスクがあると判断されてしまいます。一方、正社員であれば、お給料が低くても、安定した収入を得られると判断されて、審査に通りやすくなるのです。

お給料の高さ・低さよりも、安定感が大切なのですね。

他に借り入れがあるかないかも重要!

その他、審査基準となるところはたくさんあります。特に、他社に借り入れがあるかないかは重要な審査基準です。

他社に借り入れがあったとしても審査に通らないというわけではないのですが、あまりにたくさん借り入れがあれば、「ウチに申し込んでまた借りたら、この人返せるのかなあ?」と、ローン会社から思われることもあるのです。

借りるお金と返済するお金のバランスも、審査では非常に大切な基準となるということですね。

保証料って絶対払わないといけないの?住宅ローンに必要な保証料の謎

「えっ?保証料ってこんなに高いの?」と思った経験のある方も多いのではないでしょうか。保証料の正体とは?支払わなければならないの・・・?そんな疑問にお答えします!

住宅ローンに支払う保証料ってどのくらい?

住宅ローンのような大きな金額を借り入れるときには「保証料」が必要です。住宅ローンを組む際には、各種手数料を支払う必要がありますが、その中の大部分の金額はこの保証料です。

もしあなたが1000万円を25年で借り入れたとして、保証料はだいたい17万円前後です。返済期間が長くなれば長くなるほど、保証料は増えていきます。同時に、借り入れ金額が高くなれば高くなるほど、保証料は増えます。

さらに、支払い方法によっても保証料の金額はまったく違ってきます。一括で支払う方が、分割で支払うよりも安く、その差は2倍以上にも?!これは、黙っていられない!金額ですよね。

保証料って何を保証してくれているの?

「連帯保証人」という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。大きな金額のお金を借りるときや、賃貸住宅を借りるときには、連帯保証人が必要な場合があります。「私が返済できなくなったとしてもこの人がいるから安心してください」というようなイメージですよね。

しかし、最近では、連帯保証人よりも、保証会社に保証をお願いすることが増えています。住宅ローンでは、連帯保証人の代わりに、保証会社に契約するのです。その保証会社に支払う金額が「保証料」です。

とはいえ、連帯保証人といっても、保証会社があなたの代わりに住宅ローンを支払ってくれる可能性がある・・・ということでもないのです。あくまで、銀行などのローンを組んだ会社に対する「保証」であって、あなたを助けてくれるような存在ではないのです。

そう考えると、とっても高い保証料を払うのがバカバカしく感じられるかもしれませんね。

保証料は絶対に支払わなければならないの?

ありがたいことに、「保証料0円」という住宅ローンもあるのです。大手の都市銀行では保証料はかかりますが、その他金融機関では、保証料ナシがよくあります。

しかし、保証料がなければないで、他の事務手数料でお金を支払わなければならない場合もあります。さらに、金利が高いということも・・・。色々なバランスを考えて選ぶ必要がありますね。

夢の別荘をローンで建てる!あなたにもできるローンの種類

「別荘」というと、一部のお金持ちしか持てないもの・・・というイメージがありますよね。でも、別荘はあなたにも建てられるかもしれませんよ!

えっ!別荘をローンで建てられる?セカンドハウスローンって何?

あなたは、「セカンドハウスローン」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。なかなか、マイナーなローンかもしれませんね。

セカンドハウスローンは、別荘や、お子さんのためのマンションなどの「第二の住宅」をローンで借りることができるというものです。お金持ちのものだった別荘も、ローンで買うことができるとなると、夢が広がりますよね。

セカンドハウスローンの金利は?組みやすいの?

セカンドハウスローンは、多くの都市銀行が扱っています。しかし、金利は高め。住宅ローンに比べて3%ほど高めに設定されている上に、審査が厳しいといわれています・・・。住宅ローンだけでも結構支払いが大変なのに、加えて別荘をローンするなんて難しいのかな・・・と思えてくるかもしれませんね。

しかし、別荘をローンで買うには、他の方法もあります。

住宅金融公庫でローンを組む!

都市銀行よりも金利が安く人気なのは、住宅金融公庫の商品です。住宅金融公庫なら、住宅ローンと変わらない金利でセカンドハウスや別荘も買えるとあって、大変人気なのです。

つまり、金利の安い住宅ローンそのもので、別荘も買えるということなのですね。これはオトクですよね。

住宅金融公庫での商品は、金融機関でも申し込めます。しかし、提携している金融機関ではないと申し込めないので、あなたのよく使う銀行に聞いてみるとよいでしょう。

あなたは組む?親子リレーローンのメリットとデメリット!

「親子リレーローン」という言葉を聞いたことはありますか。ちょっと個性的なローンである「親子リレー」。あなたは挑戦してみますか?

親子リレーローンとは!

親子でリレーするとはよく言ったもので、親子リレーローンとは、親と子どもでローンを引き継いでいくというものなのです。具体的に、どういうときに使うのでしょうか。

もし、あなたのお父さんが、60歳で住宅ローンを組むことになったとします。定年は65歳だとしても、働けるのはたったの5年。これで、住宅ローンを組むのはなかなか難しいですよね。

とはいえ、住宅ローンは、金融機関によって違いますが、80歳までに返済し終わればいいと定められているところが多いです。ということは、60歳で組むのも、実質20年ありますから、不可能ではないのですね。

しかし、住宅ローンを20年というのは一般的に短い数字ですし、何より、60歳で住宅ローンを組むというのは、金融機関側が貸してくれるかアヤシイものです。

そんな時に、あなたが登場です。あなたの世代まで引き継いで住宅ローンを組むという手があるのです。それを親子リレーローンといいます。もっとくわしく、メリットを見ていきましょう。

親子リレーローンのメリット

あなたのお父さんが支払いきれないローンをあなたが引き継ぐことになれば、期限が20年しかなかったところを、35年のローンも組めますよね。さらに、あなたも、マイホームを若いうちから手に入れられるというメリットもあります。
たとえば、30歳でローンが残り15年というのはかなりオトクです。全部ローンを支払い終わっても、まだ45歳ですからね。残りのお給料は、好きなことに全部使える、ということになります。

そう考えると、親子で協力して一軒の家を建てるのは、夢が広がります。親子の絆まで感じてしまうかも・・・?

しかし、メリットばかりでもないのが親子リレーなのです。

親子リレーローンのデメリット

親子リレーローンでは、基本的に、親と同居しなければなりません。未婚の場合はそれでもいいかもしれませんが、もしあなたが結婚して、相手に同居を嫌がられた場合、困ってしまうことになります。

さらに、あくまでまずは親の家ですので、あなた自身が好きな住宅を建てたくなった場合は、新たにローンを組まなければならないために、出費がかさばり、なかなか難しいですよね。

何よりも、あなたの将来がある程度若い内に決められてしまうということが、デメリットといえます。いつなにが起こるかわからず、どう考えが変わるかもわからないのが、若い世代ですからね。

借金で任意整理をするかどうか迷うあなたが相談するべきところ

借金が重なってくると、頭をよぎるもの・・・それが「任意整理」。任意整理する前に、相談できるところはどこなのでしょうか。

どういう人が任意整理しているの?

任意整理とは、あなたの借金を整理して、返済しやすくすることが基本的な考え方です。どんな人が任意整理をするのでしょうか。

たとえば、カードローンなどの、金利が高いローンで、借金がどんどん増えていってしまい、もう自分ではどうにも返済できなくなってしまった人。もしかしたら、任意整理というと、このようなマイナスイメージが多いのではないでしょうか。しかし、それだけではありません。

任意整理は、「払い過ぎた利息」を取り戻すためにも行うことができます。たとえば、10年、20年以上借金をしているあなたは、もしかしたら、利息を支払い過ぎているかもしれません。法律が変わったためです。ですから、たとえ返済が終わっているとしても、任意整理すれば、あなたのお金が戻ってくるかもしれないのです。

任意整理するにはどこに相談したらいい?

「じゃあ、私も任意整理してみようかな・・・?」そう思ったら、まずはどこに相談すればいいのでしょうか。

まずは、あなたのお住まいのお近くの、弁護士・司法書士事務所に相談してみましょう。ただし、司法書士事務所ならどこでもいいというわけではありません。その弁護士・司法書士選びのポイントをご紹介します。

任意整理を始めに相談するべき良心的な専門家とは

まずは、あなたのお住まいやお勤め先の近くに事務所があるというのがポイントです。もし正式に契約することになったら、通いやすいところの方がいいですよね。

次に、無料相談をできるところです。この場合、電話やメールだけではなく、直接会って無料相談できるところが最も良いです。実際の担当の弁護士・司法書士に会うことで、その人のことがよくわかるからです。

そして、むりやり任意整理をさせようという専門家はあまり信頼してはいけません。お金儲けのためにむりやり契約させようとしているかもしれないからです。あくまで、あなたの状況を冷静に分析して、任意整理した方がいいかどうかまで教えてくれる良心的な専門家に出会いましょう。

とってもかんたんに教えて!担保とは何?融資にどう関係するの?

担保とはどんなものなのか、とってもかんたん!に知りましょう!

担保とは!を知る前の基礎知識

たとえば、あなたが1000万円の住宅を購入するとします。一括でお金をドーンと支払うことができればよいですが、そんなわけにもいかない場合がありますよね。1000万円ものお金を急に支払ったら、生活が成り立たなくなってしまうのでは、住宅を購入しても仕方ありません。

そんなあなたを救うのが、住宅ローンです。先にマイホームに住んでいながら、お金はあとでゆっくり支払えばいいのです。その分、もちろん、手数料や金利を払う必要があります。

ということは、あなたは、住宅ローンの融資先からお金を借りているということになりますね。後で支払うということは、お金を現段階で借りていることに他なりません。

お金を借りるとなると、当たり前のことですが、絶対に返済しなければなりません。もしあなたが返済しなければ、住宅ローンを組ませてくれた金融機関は、破産してしまいます。

ですから、あなたは、「絶対に返済します!」と約束するわけです。しかし、いくら書類にハンコを押しても、言葉で約束しても、あなたが逃げてしまったりすれば・・・金融機関は困ってしまうわけです。

さて、そんな危険性を回避するために、金融機関はどんな作戦を用意したのでしょうか。

担保とは危険性を少しでも減らすためのもの

そうです。ここで、「担保」が登場します。もしあなたが住宅ローンを返済できなくなった場合は、あなたの持っている価値のあるものを、金融機関側に差し出すという約束をするのが担保なのです。

住宅ローンの場合は、住宅そのものが担保となります。あなたが住宅ローンを返済できなくなれば、住宅を取り上げられてしまうのですね。

もし自動車ローンの場合は、自動車が担保となります。住宅や土地・車など、金銭的価値のあるものは担保にすることができます。担保付きのローンは、あなたの信頼が高くなりますから、担保ナシのローンよりも組みやすくなるというメリットもあるのです。